このタイトルを見てわかった人も多くいたという事になるが

今年の大河ドラマ「おんな城主直虎」も前半もあと少しとなったがいろんな説もあるので謎が多き人物となる。
後に滋賀県の長浜市彦根城で井伊直弼に繋がるという事になるが見ている人には緊迫しているらしい。

そんな中でタイトルに隠されたヒントがあるという事をご存じだったのでしょうか。
実は毎回のタイトルに有名なドラマのタイトルがつけられていると言う。

テレビドラマだけではなく映画のタイトルにも今回の大河ドラマの回ごとのタイトルになっている。
城主が誕生する回だけは今年の大河ドラマのタイトルになっている。

知っているタイトルになると「城主はつらいよ」とありますが実はこれはあの渥美清さんの主演した「男はつらいよ」からきている。
また、次回の予告でも「虎と竜」ですがこれは「タイガー&ドラゴン」ときているらしい。

この様にドラマを見ている人にも遊び心でタイトルをつけている事で面白くさせているかも知れないという事になる。
こうした歴史上の人物を知らない人でもこの様な事で見てもらうと仕掛けていたかも知れないと言う。

今後はどんな風にタイトルがつくのか注目だと思っているのです。キレイモ 学割

日本国債に投資をするということに関しては

本国債に投資をするということが、実はそれなりにお勧めできるのはまずリスクがほぼないからということになります。具体的にいいますと日本国債とは日本円で購入することができますし、償還された時にも日本円ということになります。購入してから利子を含めて元本が返って来るまでの間の貨幣価値が上がったり下がったりするというリスクは存在しているのですが、 それたけになります。元本は保証されるということになりますし、かなり安心出来ることは確かであるといえるでしょう。ですから、そうした投資としてかなりお勧めできることになります。日本国債はかなり安心して投資をすることができるようになります。ただしインフレになるというリスクが全くないというわけではありませんから本当にノーリスクというわけではないのですがそれでもほぼリスクはないと言っても過言ではないレベルになっていますからそれでもそこまで心配することではないと言えるのもメリットの一つになっています。